ICT技術活用

 2020年2月、令和元年度松江市発注の「市道ハサラ沼5号線舗装改良工事」(松江市東津田地内)において、3次元データにより自動制御した自社所有の切削機により路面切削した舗装工事を行いました。

 このICTを活用した切削作業により、路面変状が大きく、切削厚が測点ごとに大きく変化する場合などでも管理測点以外の切削厚や切削面の平坦性の精度が向上し、その後の舗装工程の省力化が図られます。

切削作業状況

     

コントロールボックス

      

2020年5月国道9号で情報化施工路面切削を実施しました。(動画↓)   

場所:国道9号東出雲町 

時期:令和2年5月